包茎手術をする前に

 

包茎手術は、男性から見ると分からないところが多い不安なものです。ただ、今では包茎手術の技術も上がり痛みの少ないものや、仕上がりが自然できれい、など負担の少なくメリットの大きいものになりました。

 

一般の病院の泌尿器科で診察を受けた際、真正包茎と診断された時は保険適用で安く手術ができますが、そうでない場合は自腹での手術となります。また、一般の病院では包茎の手術をする機会は少なくて、正直なところ医師側の経験不足というケースが多いです。そのため、手術をしたものの皮を取りすぎた、ツートンカラーになってしまった、失敗したということが多いです。

 

再手術をするために包茎専門のクリニックを利用する人もいます。経験が豊富で日々研究研磨している包茎専門クリニックのほうが満足度も高く失敗は少ないです。

埼玉大宮の人気包茎クリニック

ABCクリニック 大宮院

 

 

大宮院 / 埼玉県さいたま市大宮区宮町 1-5-4中西ビル6F

 

 

上野クリニック 大宮医院

 

 

大宮医院 / 大宮区宮町2-11 ハシモトビル7

 

 

東京ノーストクリニック 大宮院

 

 

大宮院 / さいたま市大宮区桜木町2-278-2 並木ビル5F

 

 

包茎治療とクリニック

包茎の治療に関しては、間違った情報がたくさん出ています。

 

多くはそれで金もうけをしようという業者や医療機関から出ています。

 

また、そういう情報に引っかかって、さらにそれを拡散する人、包茎に悩んでいる人を面白がって、わざとデタラメを流すような人もいます。

 

たとえば、包茎治療の紹介をするサイトでありながら、「包茎治療は一般の病院の泌尿器科ではやっていません。美容外科を行うクリニックで受けることになります。手術費用はかなり高くなります」などとしているのなどは、「そういう情報に引っかかって、さらに拡散する」の典型でしょう。

 

真性包茎やカントン包茎を、仮性包茎の状態まで持ってくるのは、一般の泌尿器科でもやっています。また、この場合ならば、健康保険も利きます。

 

高くなるのは、仮性包茎の状態ではなく、勃起していなくても亀頭が露出する状態まで持ってくる場合です。これだと、泌尿器科でやってもらうにしても、健康保険の適用外になって、治療費も跳ね上がります。

 

また、仮性包茎の人が、美容外科や包茎治療の専門クリニックで治療を受ける場合もあるでしょう。

 

この場合は、様々な注意が必要です。健康保険が利かないだけではなく、ぼったくりをやるようなところもあるようです。また、「本来は、全く必要もないのに、しつこく手術をすすめられた」といった話も聞かれます。

 

また、忘れてはいけないのが、「包茎手術には失敗もある」ということです。「包皮を短くしすぎて、勃起時に痛みが走る」「手術跡が汚くなる」などです。

 

いい加減な医療機関に近寄ってはいけません。

包茎治療とは

「どうして包茎になるか」というところから考えたことはあるでしょうか。なにも、「生まれつきそうなるようにできていた」ということばかりではないようです。

 

たとえば、肥満が原因になっている場合があります。

 

体脂肪のせいでおなかがせり出してくると、ペニスの根元の皮膚も押し出されてきます。で、ペニスを覆っている皮膚も影響を受け、先へと伸びてしまうのです。これで、亀頭を覆ってしまいます。

 

この場合は、当然、肥満を解消すれば、包茎も治ります。手術など必要ありません。

 

また、間違ったオナニーのせいである場合もあります。

 

いつも皮を引っ張ってしまうせいで、皮が伸びてしまうのです。この場合、そうなってしまってからではもう手遅れです。が、知識として持っていれば、オナニーのやり方を工夫して、避けることができたかも知れません。

 

で、残るひとつが、遺伝によるものです。子どもの時から、ペニスの長さに対して、包皮が長過ぎるのです。で、大人になっても亀頭が出てこないことになります。「生まれつき」といえるのは、これだけです。

 

また、包茎には「仮性包茎」「真性包茎」があります。「カントン包茎」も聞いたことがあるかも知れません。これは3種類目に数える場合や、真性包茎に含める場合があります。

 

仮性包茎は勃起した時に亀頭がむき出しになるものをいいます。真性包茎はその逆です。

 

カントン包茎は、包皮の口が狭く、勃起時に亀頭を締め付けてしまうものをいいます。

 

治療の必要があるのは、通常は真性包茎とカントン包茎のみです。

 

「包茎治療」という場合、包茎を完全に解消するだけではなく、仮性包茎に持っていくことも含まれます。

 

http://包茎手術大宮なら.com/

 

 

更新履歴