包茎治療と病院の選び方

 

包茎の治療の場合、@自分の包茎の種類と、Aどこまで治してもらうか、で診てもらう医療機関が異なります。

 

最悪のパターンを挙げると……

 

本来は、異常でも何でもない。正確な知識があれば、本人も治療しようなんて思わなかったはず。なのに、悪徳クリニックにかかって、必要もない手術を受ける。治療費も健康保険が利かず、高額をぼったくられる

 

……といったことになります。

 

まず、自分が真性包茎やカントン包茎で、仮性包茎の状態にまでなればいい場合。「これでは不十分だ」と考える人もいるでしょう。が、仮性包茎は衛生面でも健康面でも問題がないものとされています。

 

で、この場合は、病院や医院で、泌尿器科のあるところに行きましょう。健康保険も適用されます。ですから治療費も安くて済みます。

 

で、二番目が、真性包茎、カントン包茎で、包茎を解消し、勃起していなくても亀頭の出る状況までにする場合。これは、泌尿器科でやってもらうのと、美容外科や包茎専門のクリニックなどにやってもらうのと、両方のパターンがあります。どちらであっても、健康保険は利きません。

 

一般的な評価としては、「美容外科などのほうが、傷跡などが目立たず、きれいに仕上がる」とされています。ただし、悪徳商法などの悪評があるところが多いのも、これらの医療機関です。注意も必要です。

 

三番目が、今が仮性包茎で、これを完全に解消する場合です。これは、二番目と同じと考えていいでしょう。

 

ただし、実際はカントン包茎なのに、仮性包茎などと、素人判断で間違っている場合があります。

 

もし、「どこで診てもらったらいいか」で迷うようならば、最初は泌尿器科に行きましょう。