包茎治療の必要性

 

最初に結論を言っいしまうと……

 

「仮性包茎は、衛生上・健康上の理由からは、治療をする必要がありません」

 

これをあえて、治療する・手術する、ということになると、これは美容整形と同じことになります。つまり、「バストが小さいからといって、母乳の出が悪かったり、何か病気に掛かるわけでもない。だけど、自分の気が済まないので、豊胸手術をする」というのと同じです。

 

ですから、この仮性包茎の治療には、健康保険は利きません。

 

衛生上・健康上の必要のあるのは、真性包茎とカントン包茎の場合です。

 

これらのばあい、恥垢がたまりやすく、包皮をむいて亀頭を洗うことも困難です。尿道炎などに掛かる可能性も高いのです。

 

また、これらの内、カントン包茎は、ペニスを締め付けますので、血行障害などが起きることがあります。最悪は、ペニスの壊死も考えれます。

 

治療は受けるべきでしょう。

 

で、真性包茎とカントン包茎の場合、「どこまで治療するか」という問題がおきます。

 

もし、「仮性包茎のところまで持っていければいい」というのであって、治療を受けるのも一般的な泌尿器科であれば、健康保険が適用されます。治療費も安くて済むのです。

 

が、これが治療を受けるのが、「美容外科や包茎治療の専門クリニックである」、あるいは「治療を受けるのが泌尿器科だが、完全に包茎を解消するところまでやる」というのであれば、最初に紹介した「美容整形と同じ扱い」ということになります。つまり、「衛生上・健康上の必要は超えている」ということです。健康保険も適用されず、治療費などは医療機関側が自由に決めることができます。